最終皇帝の2次元創作活動

絵描きド初心者がそこそこマンガを描けるようになるまでの軌跡を書いていきます。

4コママンガ製作【うさぎとカメ】

4コママンガ製作【うさぎとカメ】

 

こんばんは。最終皇帝です。

今回は「ウサギとカメ」です。

 

地道に進んでいったからといって、

必ずしも他者より先に行ける世の中ではありません。

本気で勝ちたいなら、正攻法以外の手段も考えておくべきです。

ま、賄賂はアカンですけどね、賄賂は(笑)

 

ちなみにニンジン一年分だと、

 

100円  ×  365日 = 36500

 

ぐらいの費用になりますかね。

ニンジンって私そんなに好きじゃないので、こんなにあっても困ります。

 

ウサギがカメを待っていた時間

カメとウサギの足の速さでマラソンをした場合、下記の結果が考えられます。

[前提]

  • 野ウサギの足の速さ: 70km/h  (実際はこのぐらいの速さのようです)
  • カメ: 3km/h  (大きさによっては、10km/hぐらいのもいるみたいです)
  • 走る距離: 42.195km

 

==================================================

①ウサギがゴール手前でカメを待っていたと仮定して、

 まずウサギはゴール手前(42km地点)まで、

 

42[km] ÷ 70[km/h] = 0.6[h] = 36[min]

 

②カメが36分間のうちに進む距離

3[km/h] × 0.6[h] = 1.8[km]

 

③カメが1.8km地点から、寝ているウサギを横切るまでの時間

 (ウサギが寝始めたのはスタートから36分後と過程)

(42.195 - 1.8) ÷ 3[km] = 13.465[h] = 807.9[min]

==================================================

 

つまり、ウサギは13.5時間ぐらい昼寝をしていた可能性があります。

 

考察

  • 通常のマラソン大会なら、このカメは途中でリタイアさせられてる。
    (仮に朝8時にスタートしたら、ゴールは夜の10時(笑))
  • ウサギは、カメが到着するまでに次の3,4レースに出場できる(はず)。
  • マラソン大会関係者への被害は甚大。

 

今回の総作画時間

構想: 12分程度

描画: 1.5時間

今回は描画の際に、定規ツールを多用してしまったため、

ペン入れに結構時間がかかってしまいました。

カメの甲羅や、ウサギの耳などはペンで描こうとすると、どうしても連続的な

線を描くことが出来ません。

まだまだ修行が足りないようですね(^ ^;)

 

ラフ画

4コママンガ製作【うさぎとカメ】のラフ画

ラフ画の方はそこそこ順調です。

画が上手くなってきたというよりは、ネタを画としてひねり出すのが

早くなってきた気がします。

 

 

昨日は友人と夜中まで酒を呑んでいたため、息絶えていました。

たまにはいいものですね。

みなさん、良いゴールデンウィークをお過ごしください。

それでは、また。