最終皇帝の2次元創作活動

絵描きド初心者がそこそこマンガを描けるようになるまでの軌跡を書いていきます。

4コママンガ製作 【ブルジョア桃太郎】

4コママンガ製作 【ブルジョア桃太郎】

 

こんばんは。最終皇帝です。

今回は富裕層の桃太郎、「ブルジョア桃太郎」です。

 

普通に考えて、鬼に対して白兵戦をしかけるなんて正気の沙汰じゃありません(笑)

鬼ヶ島に上陸なんかしないで、長距離砲撃するのが吉でしょう。

それに私が桃太郎だったら、鬼を倒すために刀の修行したり、

きびだんごを犬やらキジやらに食わせて、仲間を増やすなんて面倒臭くて

やってられません(- -;)

 

金で解決します!

(冗談ですよ、冗談。)

 

しかしまぁ、この桃太郎は多分ロクな大人になりませんよ。

1コマ目から明らかに「おぼっちゃまくん」臭が漂ってなりません。

 

今回の総作画時間

構想: 25分 (ラフ画のみ)

描画: 1時間30分

4コマの内容はどうあれ、以前描画に3~4時間かけていたときと同等の

作画クオリティは保てるようになってきました。

当面の目標である、構想15分、描画1時間をなんとか達成していきたいところです。

 

ラフ画

4コママンガ製作 【ブルジョア桃太郎】
 

その日の体調によって、ラフ画のクオリティも変わってくるみたいですね。

前回は眠気が少しあったため、ラフ画の出来上がりが相当ラフでした。

 今回は頭がスッキリしていたため、頭の中でネタがしっかり具体化でき、

それに比例して、線の量が明らかに増加しています。

実際にペン入れ?する時も、すでに良いラフが出来上がっているため、

あまり余計なことを考えず、線を引くことだけに集中できました。

 

やっぱり趣味でも体調管理って大事ですね。

昔、紅の豚が「睡眠不足はいい仕事の敵だ」と言っていたのは間違いでは

なかったようです。

 

では今日はこの辺で。

それでは、また。